〜 実食レポ 〜 vol.3 小樽地鶏スープカレー | 【公式】小樽地鶏通販サイト - 山商オンラインショップ

2021/06/29 14:57


実際に商品を食べてその感想を「正直に」レポートする【実食レポ】
第三回は「小樽地鶏スープカレー」を紹介します。
小樽地鶏スープカレーの商品ページ:小樽地鶏スープカレー

◆ 小樽地鶏スープカレーとは?


小樽で飼育されたオリジナルブランド『小樽地鶏』のお肉と地元北海道産の野菜を使用した、スパイスのきいたスープカレーです。
原材料を見てみると野菜は、玉ねぎ、じゃがいも、にんじん、アスパラが入っているとのこと。
また、スープには小樽地鶏の鶏ガラ、そしてカレーペーストには、玉ねぎ、トマト、にんにく、生姜、そして香辛料が使用されています。


北海道産野菜の甘み、小樽地鶏の旨味、そしてスパイスをきかせたカレーペーストが混ざり、
「スープカレー」としてどのような味になるのか楽しみです♪
それでは早速調理していきましょう!


 ◆ 簡単♪ 電子レンジでチンするだけ!


今回は単品をオーダー。冷凍で届きます。



大盛りカップ麺の一回り小さいサイズでしょうか。


調理方法はとっても簡単で、外装フィルムを外し500wで7分加熱するだけ。
もちろん冷凍のままで大丈夫です。



外装フィルムにも「小樽地鶏とスパイシーなスープカレー。コクと旨味と深みが絶妙です」と記載があります。
どんな味なのか楽しみです。

電子レンジでチンする前がこちら。



電子レンジで7分チンしたのがこちら。



容器を取り出す際は火傷に注意してください。容器はかなり熱かったです。
フタをとるまえからスパイスの香りが漂います。

ではフタをとってみましょう。


おおおおおお!
フタを取るとさらにカレーのスパイスが広がって食欲をそそります。

ここで中身の確認。


まずはジャガイモ。


大きいサイズでゴロッと感が強いです。


次にニンジン。


スプーンですくっただけでも柔らかさがわかります。


小樽地鶏のもも肉。


一口大の食べやすい大きさ。プリプリ感が伝わります。


小樽地鶏の手羽肉。


器に入るギリギリの大きさで食べ応えがありそうです。

それでは実食していきます。


 ◆ スパイスの辛さと食材の旨味・甘味が絶妙にマッチ!


まずはスープから。
スパイスの味が最初に来て、その後に野菜の旨味と甘味が来て、最後に辛さが来ます。


「スープカレー」という名の通りさらっとしているのかな、と思ったのですが、
スプーンですくってみると意外とドロッとしていました。

ただ、一般的な「カレー」に比べるとさらっとしています。

ご飯よりパンにつけて食べたら美味しそうなイメージです。


続いてそれぞれの食材を食べた感想です。


ジャガイモ

しっかりとした固さとホクホクの食感。煮崩れせずに形がしっかりと残っています。
食べ応えある大きさ。


ニンジン

非常に柔らかい。野菜の中で一番柔らかかったです。


玉ねぎ

玉ねぎの甘さをしっかり味わえます。ニンジンよりも食感がありました。


小樽地鶏のもも肉

小樽地鶏独特の弾力を残しながら、柔らかく調理されています。
スープカレーと絶妙にマッチしてシンプルに美味しい!


小樽地鶏の手羽肉

ホロホロと肉が崩れるほど柔らかいのに、小樽地鶏独特の弾力がしっかり残っています。

小樽地鶏肉は「旨み」だけでなく、噛めば噛むほど小樽地鶏肉の「甘み」を感じます。


 ◆ 感想:スパイス好きはぜひ食べてほしい!


全ての食材がスープカレーと絶妙にマッチして非常に美味しい。
特にこのスパイスがやみつきになる美味しさ。
スパイス好きの方にはぜひ食べてほしい一品です。
逆にスパイスが苦手な方には、、、うーん、ちょっと厳しいかも。。。


一口、また一口と食べ進めるといつの間にか完食してしまいます(笑)
リピーターが多いのもうなずける一品でした。

本場北海道のスープカレーを電子レンジで簡単に味わえます。
ぜひ一度この『小樽地鶏スープカレー』お試しください。



小樽地鶏スープカレーの購入はこちらから:小樽地鶏スープカレー
小樽地鶏スープカレーと小樽地鶏白湯つくねスープのセットもございます:小樽地鶏スープカレーと小樽地鶏白湯スープのセット
この記事に関するご意見やご感想はこちらから:お問い合わせフォーム